歯科で治療を受けるときに注目すべきポイント

ホワイトニング

ホワイトニングにはいくらかかるのか

歯を白くするホワイトニングは、美容の一環として行う方もいますが、お仕事などで好印象を得るためにと受ける方も増えています。今では街中の歯科医院をはじめ、専用サロンなどでもホワイトニングを受けることができます。 歯科医院での施術の場合、ホワイトニングには20000円から50000円程度の費用がかかります。健康保険の適用されない自費診療となるため高額なのです。しかし、近年価格は下落傾向にあり、中には非常に安価なクリニック登場しています。上下前歯セットとして価格設定を行うクリニックもありますが、一本単位で金額設定をするところも増えています。 歯科医院でマウスピースを作成し、ホワイトニングそのものは自宅で行うという方法もあります。この場合、マウスピースが10000円から数万円が相場です。通院する手間が省けることから、忙しい方の中にはホームケアを選択する方も増えています。

日本では比較的歴史の浅いホワイトニング

ホワイトニングは元々はアメリカで発祥したもので、デンタルエスティテックの概念に基づいて開発されました。1960年代ごろからアメリカでは歯の美しさを追求する概念があり、1980年代後半には歯科医院でのホワイトニングが開始されていたのです。現在のアメリカでは、どちらかというと自宅で行うホームケアが主流となり、ホワイトニング用の薬剤も数多く存在します。 一方で、日本でホワイトニングが注目されたのは、1990年代中ごろのことです。当時放送された、歯を白くする効果のある歯みがき剤のテレビコマーシャルがきっかけとなり、白い歯やその清潔感などに注目が集まったのです。このころから専用サロンをはじめ、歯科医院などでホワイトニングを受ける方がふえました。とはいえ、今なお日本で認可されている薬剤は非常に少ないのが現状です。歯科医師が個人輸入という形で最新の薬剤を入手しているというケースもあります。