歯科で治療を受けるときに注目すべきポイント

歯磨きの方法

治療中の歯磨きについて

矯正歯科で歯列矯正の治療中で気になることは歯磨きではないでしょうか。 個人差はありますが矯正治療は治療期間が年単位で長期的です。その間は食べ物が口の中にたまりやすくなるので歯磨きには注意が必要になります。 ワイヤー矯正装置を使用している場合はヘッドが小さい歯ブラシを用意するといいといわれています。小回りが利いて歯の隅々まで磨けるからです。歯と歯肉の境界はしっかり磨きましょう。また治療中専用の歯ブラシもあるそうです。矯正歯科医院では歯のブラッシング指導などのサポートもあるので指導を受けるといいでしょう。 マウスピース矯正装置では取り外しが可能であるので治療中も普段通りの歯磨きが出来ます。いつでも取り外せるので歯をきれいに保つことが出来ます。

矯正歯科の最新の治療システムであるデーモンシステムについて

矯正歯科での治療も日々進化を遂げているようです。 矯正歯科の新しい技術としてデーモンシステムという治療が出てきているようです。デーモンシステムとはアメリカの矯正歯科医の名前をとったもので最新の矯正治療システムのことをいいます。このシステムはデーモンブラケットとハイテクワイヤーからなっている治療システムです。ブラケットというのは歯に密着させる器具のことをいいます。ワイヤーも超ハイテク技術で作られたものです。 この治療の大きなメリットは何と言っても痛みが少なく治療期間が短いということです。これが治療を受ける患者にとってとても人気があるようでした。また歯列を拡大することで明るく魅力的な笑顔を作り出せるというのもメリットにあるようです。